新規デリヘル店でのこと

投稿日:2016年1月20日  カテゴリ:デリヘル

つぶれては出来、つぶれては出来といった感じなのは、駅前の居酒屋とデリヘルによくある事です。デリの場合、屋号を変えただけのものもよくあります。でも昔、流行り出しの頃は本当の新規開店も多くありました。その当時の話です。

そのお店は経営者の考えからか、本当に流行らせたい意向が感じられました。というのも、新規開店でもそんなにサービス価格にならないのですが、オープンから3日間は○千円!という信じられない価格設定をしてきたのです。

事前にHPをチェックし、予約の電話を入れました。一応ある日だけ予約出来ましたが、聞けば3日間のほとんどは埋まったそうです。予約当日、自分は某ラブホで待っていました。低価格が「質」の低下を懸念してしまいます。

でも来たのは20代の小奇麗な嬢で、セクシーなTバックが印象的な嬢でした。一通り終え聞いてみたのですが、その嬢は既に○○人についたそうです。疲れを見せないのは、どうやらついた数以上のご祝儀が経営者から出るとの事でした。